FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19日の小出さん講演会実行委員会の会議の報告です☆敦賀からは原発問題のとりくみでは過去最高の参加者♪次は越前市での小出さん講演会にむけて!

実行委員会まとめ

19日におこなった、小出さん講演会実行委員会の会議について報告させていただきます♪

19日の実行委員会は、みんなの持ち寄ったお菓子をつまみながら、感想交流をしました☆

「当日は、未来を考え合うという最初に受けたイメージそのもので、感動した」「あれだけの準備を計画通りできたこと、みんなの力はすごい。天気が良かったのも、天が見通しておられるのだと思った」「当日は感動しカレーが喉を通らなかった」「音楽うるさかったと意見もらった。小出先生の話、みんな良かった、値打ちあったと言われた」「生まれも育ちも敦賀だけど、こういう会はなかなかできるもんじゃない。子どもたちのためにつなげていきたい」などの意見が出されました。

「1人1人ができることをやりきった。感謝のメールや電話をもらい嬉しい」と、カワイ君のこらえきれない涙も垣間見られました。

「これを打ち上げ花火では終わらせちゃいけない」「これからも、このつながりを絶やすことなく繋がっていこう」と、会を存続することになりました。(名称は未定です)

当面は、5月18日に開催される小出さん講演会に向け、参加できる人はどんどん参加していこうということ。(その第一回実行委員会は24日夜7時~、越前市文化センターにて行われます)

会としては、2ヶ月に一回くらいのペースで、カワイ君の呼びかけのもと、またみんな集まっていこう。そしてまたイベントを開催していこうなどとなりました。

最後に、集計報告です。
★チケット購入枚数898枚(うち当日券192枚)
★来場者数約600人(敦賀200人※敦賀市の人数でいうと、原発問題のとりくみでは過去最高と思われる、敦賀市以外の嶺南60人、嶺北260人、県外80人)
★アンケート枚数126枚(敦賀33枚、嶺南19枚、嶺北52枚、県外22枚)
★参加きっかけ(カッコの中は敦賀のみの数字)…チラシ18%(18%)、新聞2%(5%)、ネット16%(0%)、友人知人63%(73%)、その他2%(2%)
★感想…良かった97%(96%)、ふつう2%(3%)、良くなかった0%(0%)
★原発をテーマとした講演会の参加…初めて16%(15%)、たまに参加してる41%(46%)、積極的に参加してる42%(37%)でした☆

近いうちに、感謝報告ニュースペーパー発行いたします。
みなさん本当にお疲れ様でした。
そして、これからもよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

原発労働者とその母の物語、「臨界幻想」

(terraねっと福井 代表 佐々本尚さんより)
「臨界幻想」は1981年に劇作家の「ふじたあさや」さんが警告の意味を込めて創った原発労働者とその母の物語です。ふじたさんは30年前にあれだけのことがわかっていたのに、どうして原発をやめさせることができなかったのか。と自問しています。
私はこの劇を知った時、真っ先に嶋橋伸之さんを思い出しました。嶋橋さんは「臨界幻想」初演の1981年から浜岡原発で働き始め9年後に29歳という若さで亡くなられました。嶋橋さんの両親に3000万円の弔慰金を支払うので労災申請も異議申し立てもしないようせまったそうです。
嶋橋さんの両親は協力者を得て、二度と息子のような犠牲者を出したくないと、悲しみを背負いながら労災申請を行い長い闘いの末、労災を認められました。
「臨界幻想」は深刻な問題を深刻に伝えるのでは無く「笑い」を交えてメッセージをくれる演劇です。この公演が原発について考え、話し合っていくきっかけになることを願って止みません。一人でも多くのお友達を誘ってお越し下さい。

場所:2月17日(日) 越前市文化センター大ホール
開場:午後2時、開演:午後2時半、終了:午後4時45分
チケット前売り3,000円 当日 3,500円 ~2013年2月15日(金)まで発売
高校生以下半額 公演時間中子供預かります。(要予約)
チケットのご購入は daimyo.f10@docomo.ne.jp まで
詳しい情報はterraねっと福井のHPより
http://www8.plala.or.jp/yuishiki/terra_net_fukui/index.html

小出さん講演会のご感想を紹介させていただきます☆彡①

14937_444470095606095_457503376_n[1]
小出さん講演会では、アンケートの記入や感想をたくさんお寄せいただきありがとうございました☆
みなさんのご感想を何回かにわけて紹介させていただきます。(情報の取り扱いには細心の注意をはらうようにいたします)

「前日まで参加どうしようと思っていたのですが、友人や夫の行ってきたらの言葉に押され参加しました。たくさんの方々が集い、未来について考えられたとても貴重な機会、時間、場であったと思います。参加出来なかった友人や夫に伝えて、共に節電や物の豊かさからの脱却や原発について考えていきたいと思います。昨年の福井駅前でのピースアクションでの若い人たちが頑張っている姿に刺激を受けて、動き出した私です。仕事上、活動を縛られていますが、自分が出来ることは何かをこれからも見つけ実践していきたいと思っています。ちなみに私の尊敬する友人が何人も、脱原発活動をしてます。イベント企画してくださって、ありがとうございました。暖かな時間でした」

「原発が危険なものだとは分かっていたつもりでしたが、今日は、とても科学的に分かり、あらためて何がなんでも廃棄させねばという決意を、今、持ち帰っています。政党や労組が主催でなくても、これだけのイベントを大成功せた実行委員会の皆さんにお礼を言います。ありがとうございました。そして、こういう力をあきらめることなく強めていけば、原発廃棄も必ず実現できると確信しました。議会制民主主義の日本では、政党政治の力も大きいが、民意を大きく見せていけば、無視できないはずです。もう、そういう傾向が出始めていますよね。お互いに、これからも頑張りましょう」

小出裕章さんの講演会『未来は創れる!! 今できることを』感謝のご挨拶(ピースアクション実行委員会・河合良信)

コイデ2
みなさまお疲れさまです。こちらは、13日の小出さんの講演会を終え、ほっとしたかと思うとまた力が湧き出てきて、次は何をしようか~と思っている今日この頃です。みなさんも原発のことや未来のことを日々考えながら過ごしていることと思います。
今回の講演会を敦賀で企画し、福井県内のたくさんの団体、個人を巻き込んでやりたいと思った理由はたくさんありますが、福島で学んだことが強く影響していると思います。
私は去年の7月に10日間ほど、相馬市、飯舘村、伊達市、福島市、二本松、郡山へ行っていろんな方の話を聞かせていただきました。そして最終的に私が思った復興とは、福島の方々の心を癒すこと、即ち、大飯原発の稼動を停め、脱原発を実現すること、それが福島の方々の大きな励まし(復興)になると思いました。
地域を越えてたくさんの人が集まって未来のことを考え合える取り組みをしなければならない、みんなが一つにならなきゃ未来は創れない、原発による災害でバラバラになったコミュニティーを目の当たりにしながらふつふつとそんな想いが込み上げてきました。
原発の問題は立地地域だけの問題ではありません。福井県で例えるなら、嶺南地方だけの問題ではなく、日本、いや、世界の問題です。
だからこそ、そこへみんなが集まって考え合う必要があるでしょう。
『未来は創れる!!今できることを』~原発と福井・若狭のこれからの時代~、と銘打ったこのイベントは、老若男女が一緒に話し合い、それぞれが得意分野を生かして企画し、とにかく多くの人に知ってもらおうとみんなで告知しました。その結果、予想をはるかに超える600人が会場に集まり、多くの感謝の声が寄せられています。おかげさまで、地元、県内外問わずたくさんの方々と一緒に未来を考え合えて、本当に意義のある素敵な時間を過ごすことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、真っ直ぐな力強い小出さんのお話にも強く心を突き動かされました。
原発のない、明るい未来創りに貢献するため、これからも活動を続けます。
本当にたくさんの方々、お越しくださりありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。
あなたが生きているそのことが、ピースアクション(平和活動)でありますように☆

「原発はいつまでもしがみつくものじゃない。若者、頑張って!」ー嶺南地域で励まされながら、小出さん講演会の宣伝にとりくんでいます☆

A_nvTWtCQAAdkkB[1]
mickyです。小出さんの講演会にむけて、嶺南地域で宣伝にとりくんでいます☆

昨日は敦賀市で活動しました。
講演会でパンと雑貨を出店してくれるお店では、その場にいたお客さんと桜茶を飲みながら原発についての話になり、若い営業の男の子は、「原発はなくせるならなくしたい。でも原発関係の方はお客さんの中にいるし、難しいなと感じる。13日は仕事の合間に顔を出したい」とのことでした。
お店の方は「いま福島のことが忘れさられようとしてる。人と人のつながりが、何より本物と思う」と語ってくれ、その場に来た業者さんも夫婦2人でチケットを購入してくれました。
また、敦賀市議の山本貴美子さんに紹介いただいたところを何軒かまわり、「いま世の中は過渡期と思う。原発はいつまでもしがみつくものじゃない。若者、頑張って!」と言ってチケット2枚購入してくださった方や、色んな方に出会うことができました。

嶺南地域と嶺北地域の実行委員が力を合わせて、とりくみが広がっている実感があります。
あとあと、「そんなイベントがあったんなら行きたかった~!」と言われるのはイヤなので、そう言われないよう、嶺南をはじめ県内中の人にあと四日間、みんなで力合わせて知らせきっていきたいと思います♪
(写真は実行委員のコロンちゃんが夏にとった敦賀の海です。こんなにきれいな海辺に、15基もの原発があるのです)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。