FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの笑顔のむこうには

記念撮影

こんにちは。ピースアクション実行委員会のみなさんの日頃のご活躍、ご奮闘に心から敬意を表します。
僕は、みなさんのとりくみの前身、ピースライブ実行委員会をmickyたちといっしょにたちあげた、くまりん@長野です。先日の福井の再稼働反対集会にも参加し、「人の和アクション」ではトランペットを吹かせていただきました。トランペットはもう10年以上触っていなかったので、演奏しているときは思うように音が出せなくて、あたふたしていました(苦笑)

いま福井で日本でおこっていること
 集会のあとに、みなさんが何度も何度も抗議行動をしてきた福井県庁前で記念撮影(逆光でイマイチな写真でごめんなさい)。みなさんの挫折感のない笑顔に、心をうたれました。みなさんの笑顔の向こうには、「原発のない平和な未来」があるんだ、そう思いました。
 いま福井で日本でおこっていることは、県民が国民が一人ひとりのかけがえのない力を実感し、それがつながったら大きな力になる、このことを体験している過程にあると思います。
東京の首相官邸前の1万人1千人(22日の夕方はなんと4万5千人!、「紫陽花革命」というそうです)の行動をマスコミはほとんど報道しません。福井にしたって、2200人もの人が集まったのに、扱いがあまりにも小さい。マスコミの態度には怒りを感じます。一方で、あれだけ、ツイッターやフェイスブックで運動を知った人たちが、次々に参加してくるということは、テレビで報道されようものなら恐ろしいことになってしまう、権力者はおののいているんだろうなあ、と思います。
 たたかいで追いつめているのは、明らかに僕たち国民の側にあると思います。

「人の和アクション」について
 僕は、みなさんが「人の和アクション」をやると聞いて思いだしたのは、昨年約3ヶ月間滞在した、福島や岩手の被災地のことでした。
 「ふるさと」再生の願いを歌にこめて、僕も何度もいっしょに歌いましたが、歌うたびになんともいえない感情が僕を覆いました。被災地のふるさと再生と福井のふるさとをまもる想いをつなぐ「人の和アクション」。もっとたくさんの人たちに届いてほしいです。

ピースライブのきっかけ
 最後に、ピースライブになんでとりくんだかについて。きっかけは「アメリカ同時多発テロと報復戦争」でした。「憎しみの連鎖をもたらしてはいけない」「人間と民主主義を脅かす戦争は許さない」、そういう思いではじめました。当時の実行委員会で大切にしたことは「みんな誰しもが願う、根底にある平和の想い」でした。 みなさんの現在の活動に、当時のとりくみが生きていることがたくさんあって、声をあげて行動することにムダはないんだ、と実感します。
 原発のない平和な未来と再稼働方針の撤回に力を合わせてがんばりましょう。希望をひろげましょう。

それではバトンは、かつてピースライブにいっしょにとりくんだトミーに託します
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。